マクロミルの本アンケートが来ない理由・原因は?

マクロミルは非常に稼ぎやすいアンケートサイトであり、毎日たくさん届く事前アンケートとたまに届く本アンケートにきちんと回答し続けていれば最低でもひと月に500円以上、調子が良ければ1,000~1,500円以上を稼ぐことも難しくありません。

私が実際に稼いだポイント。
「1,706pt = 1,706円」です。

しかし、逆に言えば本アンケートが来なければ稼ぐことは難しいですし、本アンケートが全然届かないせいで思うように稼げないという人も少なくないようです。

その原因は一体なんなのでしょうか?

本アンケートが来ない理由

理由はいくつか考えられますが、代表的なものは以下のような感じです。

事前アンケートへの回答がテキトウ

一番大きな原因だと考えられるのは事前アンケートへの回答内容がテキトウであることだと思います。

というのも、本アンケートが届くかどうかは事前アンケートへの回答内容次第であるため、事前アンケートを疎かにしていては本アンケートが届くことはあり得ないからです。

事前アンケートは大量に届くため真面目に回答するのはちょっと面倒かもしれませんが、だからといって、

  • 設問で同じ選択肢ばかりを選ぶ
  • 自由記述欄に「特になし」ばかり記入する
  • 一貫性のない回答をする(あるときは「運転免許あり」と回答し、別のときは「運転免許なし」と回答する等)
  • 引っ掛け用の設問に引っかかる(※)

といったことを繰り返していると、本アンケートを配信する価値のない信用できないユーザーだと認定される可能性が高いです。

※「設問をよく読んで回答しているか?」を確認するために、アンケートによってはときどき「○○について教えて下さい(この設問は必ず選択肢2を選んで下さい。)」といった設問が用意されいてることがあります。

当然ながら、この設問で指示通りに回答しない(= 選択肢2以外を選ぶ)場合は設問を読まないユーザーであるとみなされてしまいます。

本アンケートに辿り着くためには事前アンケートに真剣に取り組むことが大前提ですし、テキトウな回答を繰り返していると本アンケートどころか事前アンケートすら届かなくなることもあり得ますので、マクロミルで稼ぎたいなら事前アンケートにこそ力を注ぐべきです。

事前アンケートの回答数が少ない

続いて考えられるのは、事前アンケートの回答数が少ないという理由です。

マクロミルの利用頻度が大きく影響するのですが、例えば数日に1回くらいの頻度でしかログインしないような人は本アンケートが届く可能性が低くなってしまいます。

というのも、本アンケートが届くまでには、

  1. 事前アンケートが届く
  2. 事前アンケートに回答する
  3. 回答内容をもとに本アンケートの配信先に適したユーザーかどうか判定される
  4. 3.で適しているユーザーの中から抽選でユーザーを絞り込む
  5. 本アンケートが届く

というステップがある(※)ため、事前アンケートの回答数が少なければ必然的に本アンケートも届きにくいというわけです。

※上記のステップは公開されているわけではないので全て私の予想です。

しかし、本アンケートの配信先ユーザーを事前アンケートの内容で絞り込むというのは自然な手順だと考えられますので、大きく間違ってはいないと思います。

従って、本アンケートに回答したければ全ての事前アンケートに回答するつもりで毎日ログインした方が良いです。

「依頼メール・おまとめメール」を活用しよう

事前アンケートをできるだけ限り逃さないようにするためには「依頼メールの受信設定」を設定変更して対応しましょう。

「依頼メール」は新しいアンケートが配信される度にその旨を通知してくれるメールで、「おまとめメール」は配信時点で回答可能な(= 終了していない)アンケートの件名・件数などを教えてくれるメールのことです。

これらを活用すればいちいちマクロミルにログインせずともアンケートの有無が分かるので効率的です。

「おまとめメール」の配信は1日1回だけなのですが、「依頼メール」は全ての時間帯を指定すれば常にメールが届くようになります。

回答内容の問題

真面目に事前アンケートに取り組んでいても、回答内容が悪いと本アンケートが届きません。

例えば、自動車の購入予定や自動車保険の加入状況に関する事前アンケートで「運転免許を保有していない」と回答すると、本アンケートが届くことはないと思われます。

というのも、運転免許を持ってないユーザーに購入予定や自動車保険についての本アンケートを配信しても無意味だからです。

この点については対策云々という話ではなく、単に事前アンケートと自分自身の相性の問題なのでさっさと諦めて今後届く事前アンケートに期待しましょう。

嘘の回答は絶対ダメ

「じゃあ、本アンケートが届きやすいような回答をすれば良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、嘘は絶対にいけません。

利用規約に明記されている通り虚偽の回答は禁止されていますし、場合によってはアカウント停止の処分もあり得るからです。

第6条 モニタの禁止行為
1. モニタは、以下に該当する行為またはその恐れのある行為を行ってはならないものとします。
g. 虚偽または事実に反する情報の登録または調査回答をする行為

第12条 モニタ資格の一時停止・抹消
1. モニタが以下の事項に該当する場合、当社は、事前のモニタによる承諾を得ることなく、アンケート調査配信を停止し、またはモニタ資格を一時停止もしくは抹消することができるものとします。
b. 第6条の禁止行為に違反した場合

マクロミルの利用規約より抜粋

確かに虚偽の回答をした方が本アンケートの件数が増えて短期的には稼げるかもしれません。

しかし、長期的には稼ぐつもりなら真面目にコツコツやっていくのが一番です。

運の問題

ほとんどの事前アンケートに真面目に回答しており回答内容も悪くない、という状況でも本アンケートが届かないのであれば後はもう運の問題かと思います。

先述の通り、本アンケートが届くのは事前アンケートで適切な回答をしたユーザーのうちの一部なので、その一部に入れなければ本アンケートは決して届かないからです。

かといって一旦事前アンケートに回答してしまったらそれ以降は「その一部」に入るため方法があるわけではないためユーザーが能動的にどうこうできる話ではありません。

従って、回答内容の問題と同様に、事前アンケートに真面目に回答しているのに本アンケートが届かないときはさっさと諦めて今後に記載しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする